03-3838-5679

予約優先|9時~12時/13時~20時(日曜・祝日除く)
土曜日:9:00~12:00/13:00~18:00

*お忙しいお客様へ
下記お問合せフォームまで
ご連絡下さい

院長の最新ブログ日記

new10月20日 ストレスの影響 葛飾区青戸 たじり整骨院

ストレスの影響が身体に出ている場合があります。

当院に通われている患者さんは体験されている人もいます。

ストレスを受けている状況を思い出してもらうだけで身体が硬くなったり、呼吸が浅くなったりすることがあります。

施術法は幾つかありますが、そのストレスを取ることでその場で身体の緊張は緩み呼吸も深くなります。

来院時には大抵身体の状態を確認すると共に精神的な問題はなかったか問診します。

精神的な問題があった場合、その時の状況を思い出してもらい身体に反応が出ていればまず最初にそのストレスを取り除き再び反応が出なくなるまで取り除きます。

施術が終わり反応が出なくなれば次に進みます。

特に出来事の場合は、もうそれは解決したので「今は大丈夫です。」と言っても、顕在意識でそう思っても潜在意識の残っていれば、やはり影響が出ていることもあります。

施術をすると言うことはその人を見るということで、その人に与えている影響があれば、それを全て取り除くのが本来であるとおもいます。

肉体的、精神的、アレルギー、電磁波、ジオパシックストレス、毒素など様々な問題に対応出来なければなりません。

精神的(ストレス)の原因が出来事ではなく、状況の場合は特にその状況が直ぐに変わる、変えることは難しいかもしれません。少し時間もかかる事もあります。

だだ、それをため込んでしまうと、更に影響が大きくなり辛くなると思います。

精神的(ストレス)からくる肩こり、腰痛、頭痛や体調不良などもあります。

施術を受けることで、状況は変わらなくても受け取り方、対応のしかたが変わることでかなり楽になることはよくあることです。

身体の調子が悪くどこに通ってもなかなか改善しない場合は精神的(ストレス)の影響かも知れません。

9月27日 首が辛い 葛飾区青戸 
たじり整骨院

首のどこがどのように辛いか

●重い

●硬い

●痛い

●全体

●後ろが

●前が

●右側が

●左側が

●頭の付け根が

●肩の付け根が

又は複数

どうすると辛い

●下を向く

●上を向く

●右を向く

●左を向く

●右に倒す

●左に倒す

●首を回す

●右に傾ける

●左に傾ける」

●何もしなくても

●疲れが溜まると

又は複数

原因としては

●過去に痛めた(スポーツや事故など)

●ストレートネック

●頸椎が詰まっている

●頸椎が歪んでいる、ずれている

●姿勢が悪い(猫背)

●枕が合っていない

●首以外の歪み

●肩こり症

●噛み合わせが悪い

●目が悪い

●ストレス

又は複数

など様々ですが、これらはよくあることです。

⇒頸からくる肩こり、頭痛、冷え、不眠など

首以外に原因が無ければ比較的早く良くなりますが、他に原因があり首に負担がかかり悪くなっている場合は少し時間がかかることもあります。

例えば、

肩こりがに原因がありその影響で首が辛くなっているとします。

更に肩がこる原因が他にある場合

●運動不足

●背骨の歪み

●肩の動きが悪い

●姿勢が悪い

●内臓に問題がある

●ストレスなど

運動不足や姿勢が悪い場合はそれを改善することで良くなっていきますが、背骨が歪んでいる場合は何故歪んでいるのかその原因そ探っていく必要があり更に時間がかかる事になります。

しかし、その原因に確実にアプオーチすることが出来なければ一時的の良くなっても根本的に改善することは難しいと思います。

当整骨院では28年以上の経験をいかし根本的な原因を見つけ出しオステオパシ、整体、ワールドセラピーシステム(WTS)などの施術で改善します。

また、その人に合わせたセルフケアや日常生活の指導も行います。

⇒施術の流れ

new9月18日 肘の痛み 葛飾区青戸 
たじり整骨院

肘の何処が痛いのか

前側、後ろ側、内側、外側、全体的に痛いのか

又は複数の痛み

どうすると痛みが出るのか

●曲げると痛い

●伸ばすと痛い

●内側に捻ると痛い

●外側に捻ると痛い

●力を入れると痛い

●物を持ち上げると痛い

●何もしなくても痛い

又は複数の痛み

それらはそれぞれ原因が違う可能性があります。

*原因は一つとは限りません。

肘事態に原因がある場合もあれば、他に原因がある場合もあります。

肘の関節は、上腕骨、橈骨、尺骨という骨で形成されています。

結果的にそれぞれの動きがうまく連携されてないと痛みの原因になります。

自動的(本人に動かしてもらうこと)痛みがでるが、他動的に(術者が動かす)痛みが出ないで正常に動く場合は肘事態に問題がない可能性があります。

ただし、施術が進むにつれて他動的に動かすと痛みが出て動きに制限が出てくる場合もあります。

これは少し複雑になりますが、簡単に言うと隠れていた原因が出てくるという感じになります。

根本的な原因は、手、肩、首、背骨の歪み、場合によっては足に原因があることもあります。

勿論複数の原因があることはよくあります。

例えば、足首に可動制限がありそれが股関節に影響を与え更にバランスをとるために背中が張り肘に負担がかかり肘が痛くなるような複雑な状態もよくあります。

肘が痛いというのは一つの現象でその原因は複雑です。

その複雑な原因を見つけることが出来なければ、一時的に楽になっても続きません。

病院や整体、整骨院などに通ってもなかなか改善しない場合は根本的な原因にアプローチ出来ていないのかもしれません。

当院では約30年の経験を生かしオステオパシー、整体、ワールドセラピーシステム(WTS)などの施術で様々な症状を改善します。

また、その人に合ったセルフケアや日常生活の指導もします。

9月6日 最近寝れてますか? 葛飾区青戸 たじり整骨院

最近眠れないという患者さんが増えているように思います。

眠れないというのは

●寝つきが悪い

●途中で目が覚めてしまう

●朝早く目が覚めてしまう

●朝起きた時にスッキリしないなどです。

主な原因としては
●ストレス

●身体的(腰痛などが気になる)

●運動不足

●夜寝る時以外に寝ている

●無呼吸症(寝ている時に呼吸が数秒止まる)

●不規則な生活

●夢をよく見る

●寝る直前までパソコンやゲームをやる

●心配事がある

●体温の問題(冷え性など)

最近気になるのは、リモートで家にいる時間が多くなり

不規則
運動不足
コロナへの不安

などがあると思います。

規則正しい生活リズム
夜寝る時以外は寝ない
食事の時間を決める
歩くなどの運動をする。

コロナ
マスコミの情報にまどはされない
自分で出来ることはやる必要以外に考えない

運動で汗をかき気分転換する。

体力が落ちたり、ストレスで免疫力が落ちてしまうと良くありません。

それ以外にも

●肩こりや腰痛など

●歪み(頭が固くなる)

身体が緊張する原因になります。

当整骨院ではオステオパシーや整体などで身体の負担を減らしリラックスすることで対応します。

WTS(ワールドセラピーシステム)では電磁波、毒素、ジオパシックストレス、化学部室過敏症、精神などにアプローチします。

⇒ワールドセラピーシステム

それらも体を緊張させる要因の一つになります。

またセルフケアや日常生活の指導もします。

8月31日 呼吸が浅いと感じませんか? 葛飾区青戸 たじり整骨院

 

患者さんによく聞く事の一つに呼吸が浅いと感じることはないですか?と聞くことがあります。

①あります。

②たまにあります。

③意識してみるとある感じです。

④ありません。

という答えが返ってきます。

呼吸が浅いと感じている方は結構いるみたいです。
④のありませんと答えた方の中には施術後呼吸が楽になったということがあります。

勿論変わらない方もいます。

原因は様々です。

一番多いのは姿勢の悪い人です。
デスクワークが多い人は背中が丸くなりがちです。

ストレートネックや猫背の方は胸が圧迫されるので呼吸は浅くなりがちです。
他にも

●自律神経の問題

●背骨の歪みの問題

●内臓の問題

肺の下の方に横隔膜という組織がありますが、横隔膜は呼吸で上下に動くのですが横隔膜が硬くなってしまうことで呼吸に悪い影響をあたえます。

簡単なセルフケア参考までに
⇒肩こり

人が密集している部屋に入った時空気が薄いと感じたことはありませんか?
極端な話になるかも知れませんが、密閉された部屋に閉じ込められた時、呼吸を浅くしなるべく動かないようにし空気を無駄に使わないようにその場をしのぐというようなドラマなどでよくありますよね。

ドラマなら何とかなるのでしょうが、現実にはそのような状態が続くとやがて意識が薄くなりしまいには死んでしまいます。

激しい運動をすると息が荒くなります。
それは、身体が、本能的に空気を取り入れ早く回復させようとしているからです。

激しい運動でなくても山登りをしたり、階段を何段も上がっていると息が荒くなってきます。

呼吸が浅い人や体力がない人ほど早く息が荒くなるはずです。

長い間悪い姿勢で呼吸が浅くなっていると、肺、肋骨、胸膜、横隔膜などの動きが制限されそのまま固まってしまうと、慢性的に呼吸の浅い状態になってしまいます。

こうなってしまうと自力で改善させる見込みは難しくなります。

当整骨院では、肺、肋骨、胸膜、横隔膜、背骨の歪みをオステオパシーや整体などの施術で正しく呼吸ができるように改善します。

また、セルフケアや日常性格の指導も行います。

8月17日 歩くことの重要性 
葛飾区青戸 たじり整骨院

当院は8月12日~15日まで4日間夏季休みでしたが、生憎雨に祟られてしまいました。

休み明けに来られた何人かの患者さんはいつもより体が硬くなっていました。

本人も自覚があるようでした。
皆さん共通していたことは、雨が続いてあまり外に出なかったということです。

その内の一人は普段週4日は40分^1時間位歩いているが今週は一回しか歩かなかったそうです。

私は初診の患者さんに必ず聞いている事の一つに何か運動しているか聞きます。

何もしていないという人にはやろうと思えば簡単にできるラジオ体操と歩く事を進めています。
それだけでも、何もやらないよりは全然ましです。

患者さんの身体の状態に対してのセルフケアの指導もしますが、それとは別に歩きやラジオ体操はやるとよいです。

大抵悪い所は硬くなっています。
硬いということは、そこの血流が悪くなっているため栄養や酸素の供給が減り回復を妨げる原因になります。

運動不足で身体が硬くなるということは、悪い所は更に硬くなっているということです。

オステオパシーや整体で腰痛や肩こりの原因を改善した施術後、症状が改善することもありますが、身体が軽くなったとよく言われます。

身体が硬いということは、それだけ身体を動かすのに無意識でもエネルギーを使います。

身体が柔らかくなれば、その負担も減るので軽くなったように感じるのだと思います。

休みの日は疲れて家でごろごろしているという人がいますが、勿論過労気味の時は休養が必要です。
ちょっとした疲れなら軽い運動で汗をかき、風呂で温まり気分転換をしてその後リラックスすることで、循環が良くなり疲労の回復に繋がります。

*腰痛やひざ痛などが場合は痛みが出る動きは避けるのが原則です。

8月5日 お知らせ 葛飾区青戸 
たじり整骨院

暑い日が続きますね。

水分と塩分をしっかり摂ってくださいね。

私もかなり意識して水分、塩分の補給をしています。
体調が全然ちがうように思います。

8月12日(木曜日)~8月15日(日曜日)までお休みさせて頂きます。

16日(月曜日)より通常になります。

宜しくお願い致します。

たじり整骨院  院長

7月8日 手をついて起き上がる時の痛み 葛飾区青戸 たじり整骨院

手をついて起き上がる時体重が手にかかると痛みが出るということはありませんか?

手を痛めていれば当然痛みは出ると思いますが、普段は何でもないのに手をついて体重がかかると痛みが出る場合があります。

それは何らかの原因で手の周辺に問題が起きていると考えられます。

手首の関節は8個の骨で形成されています。手は中手骨や指の骨があります。前腕は橈骨と尺骨、上腕は上腕骨があり更に肩の付け根は肩甲骨や鎖骨と繋がっています。

その何れかに制限が起こると痛みの原因になることが多くあると思います。

⇒参考までに腱鞘炎についてはこちら

更にその原因を追究していくと、身体の歪みが原因で結果的に痛みが出るということもあります。
例えば、首、背中、腰、足からきていることもあります。

手の周辺だけを施術してもなかなか改善しない場合は、他に原因があるかもしれません。

当整骨院では、それらの原因を見つけオステオパシーや整体、ワールドセラピーシステム(WTS)などの施術で根本的に改善させます。

また、セルフケアや日常生活の指導も行います。

6月28日 保険の施術と実費の施術のちがい 葛飾区青戸 たじり整骨院

初回は問診に時間をかけます。

よく問い合わせで健康保険はつかえますか?と聞かれます。

当院では健康保険の対応もしています。

●健康保険が使えるのは、

◎急性の外傷

•捻って痛めた⇒捻挫

•ぶつねた⇒打撲

•スポーツ等での肉離れ⇒座礁

•骨折、脱臼の応急処置になります。

⇒健康保険が使える場合

その他に

交通事故⇒相手の保険会社に連絡して用紙を送ってもらう

労災⇒仕事場又は仕事の通勤途中で痛めた⇒会社から労災の用紙を貰ってくる。

生活保護⇒急性の外傷⇒役所から施術券を貰ってくる。

健康保険での施術内容

対症療法なので、患部のみの施術

アイシング(冷やす)温める
低周波、超音波などの電気をあてる
テーピングなどの固定
マッサージ患部のみ

●実費

•捻挫や打撲などでも何か月も過ぎ慢性になっている場合

•原因不明の痛み

•歪みの調整

•慢性的な症状⇒肩こり、腰痛、頭痛、冷え性、自律神経の問題、内臓の問題、精神的な問題(ストレス)など、頭蓋骨の調整、など様々です。

当院の特徴

症状のある原因を見つけ根本的に改善させます。

何処に症状があっても必ず全身をチェックします。

腰の痛みが内臓にあることもあります。肩の原因が足にあることもよくあります。
あるいは精神的な問題だったり、電磁波、毒素、アレルギーの問題もあります。

実費の施術内容

•完全予約せいなので、約40分一人の患者さんのみに施術を集中します。

•たとえ症状が一か所でも全身をみて悪い所を見つけ本人に分かるように説明し、必要であれば、症状がない所でも影響があることを理解してもらう為に症状があるところには触れず、影響を出している所を改善することで、症状がどれだけ改善するか体験してもらう為に必ずビフォアー、アフターの違いを確認してもらいます。

大抵慢性になっている所は(施術した時は良いがまた戻ってしまう)原因にアピール出来ていないことが多いのではないかと思います。

当院ではオステオパシー、整体、ワールドセラピーシステムなどの施術で改善させます。

非常にソフトな施術になります・

⇒当院の特徴はこちら

5月10日 猫背の影響 葛飾区青戸 
たじり整骨院

猫背の人は男女とも結構多いと思います。

むしろ猫背じゃない人のほうが圧倒的に少ないみたいです。(笑い)

やはりpcやスマホを使う時間が増えている事と、本人の姿勢に対する意識が薄れていることではないかと思います。

高齢者の方でよく普段自覚はないが、歩いているときなどに、ふとガラスなどに写った自分の姿を見て猫背になっている自分に気付く人がいます。
詳しい情報はこちらからも
⇒肩こり

習慣になっている人は、背骨や筋肉の状態がその状態で固まってきているので意識してよい姿勢を保つのは結構しんどいのでついつい楽な姿勢背中が丸まる(猫背)の姿勢になってしまいます。

簡単な予防改善
私がよく患者さんに言うのは顎を意識して軽く引くということです。
決して強く引く必要はありません。

自然と背中が伸びてきます。

猫背の人は大抵顎が前に出ている姿勢になっているはずです。

猫背の影響
●肩こり

●頭痛

●呼吸が浅い

●疲れやすい

●背中の張り

●腰痛

●0脚

●股関節や膝の負担

●内臓機能の低下

●自律神経の問題

などの様々なことが考えられます。

当整骨院では、オステオパシーや整体などの施術で改善させます。

また、日常生活の指導やセルフケアも行います。

⇒たじり整骨院についてはこちら

4月21日 股関節気になる? 葛飾区青戸 たじり整骨院

最近股関節に問題のおきている患者さんが増えている気がします。

股関節あたりが
●歩くと痛い、気になる

●動かすと痛い、気になる

●階段の上り下りで痛みが出る、気になる

などはありませんか?
原因として考えられるのはリモートで自宅で仕事をする人が増えた事だと思います。

会社と違い人に見られていないので、悪い姿勢で作業しそれを続けていることで負担がかかり固くなり疲労が溜まり悪くなっていきます。

勿論悪い姿勢を続けていれば、肩こり、腰痛の原因にもなります。

また、通勤で歩くこともなくなり、運動不足になっているし、休みの日も出掛けることもなくなり、家で過ごすことが増えています。

最初は小さな負担でも繰り返し続けることで蓄積され悪くなっていきます。
大抵悪い所は動きが悪くなり固くなっています。

 

⇒肩こりについて詳しくははこちら

当整骨院では
固くなった股関節などの動きをオステオパシーや整体などの施術で改善させます。

また、悪い姿勢で歪んだ身体のバランスを整えることで、腰痛、肩こりにも対応します。

*セルフケアや日常生活の指導も行います。

⇒股関節の問題について詳しくはこちら

3月9日 肩の痛み 葛飾区青戸 
たじり整骨院

肩が痛くて腕が上がらない、病院に行くと五十肩ですねと言われ痛み止めと湿布を貰って帰って来た。

その後数か月過ぎても痛みが治まらないこのままで良くなるのか不安になったという経験はありませんか?

五十肩という言い方は昔人生50十年と言われていたころからの言い方で、今では100歳まで生きる時代ですので、今でしたら七十肩、八十肩と言ってもいいかも知れません。(笑い)

老化現象として捉えられてしまいがちです。
しかし、今四十代五十代でもなる人も結構います。

これで年のせいにするのは可哀そうですね。

正式には肩関節周囲炎と言います。
何らかの原因で肩関節周囲で炎症を起こし腕を上げると負担がかかる為に痛みが出でます。

大抵は無理に動かさなければ痛みは出ません。

しかし、酷くなると横になると痛みが出て眠れない事もあります。

その他にも、肩関節に石灰が沈着することで同じような症状が出ます。

⇒五十肩についてはこちら

肩に痛みがある人は大抵巻き肩になっています。
イメージとしてはせこ背の人は背中が丸まっていて肩が前にいっているという感じです。

私が思うには何らかの原因で肩に負担がかかり炎症を起こし痛みが出ていると思います。

姿勢の悪さや歪みなどで長時間肩関節や周囲の筋肉などに負担がかかり痛みが出ることが多いと思います。

一番多いのはパソコンやスマホを見る時間が多いほど前傾姿勢になり知らずうちに猫背になっているということです。

また、歳をとると背中を支える筋肉が衰え猫背になってくる人も多いと思います。
寝るときにいつも横を向いて寝る人は、下になっている方の肩が圧迫され血流が悪くなり疲労が溜まり痛みの原因にもなります。

私は肩の悪い方はなるべく下にしてねないように指導しています。

当院ではどこが悪くても全身をチャックします。

肩が痛くなる原因は人によって様々だからです。

痛みの出る動きも様々です。

●前から上げると痛い

●横から上げると痛い

●後ろに回すと痛い

●上げ始めで痛い

●半分位まで上げると痛い

●上まで上げると痛い

●上がるが下す時に居たい

●自分で上げると痛いけど人に支えて上げてもらうと痛くない

●冷えると痛くなる

など程度もありますが、どの位置で痛みが出るかである程度に原因の目安になることもあります。
また、五十肩の予備軍になっている人も結構いますので、未然に防ぐことも大事な事です。

痛みが無くても腕が上がりずらかったり、腕を大きく回すとごりごり音がする方は要注意です、予備軍かもしれません。

i痛みの原因が首、手首、背中、足、腰、内臓にあることもよくあります。

当院では全身をチェックし原因に対してオステオパシーや整体などの施術で改善させます。

また、セルフケアや日常生活の指導も行います。

⇒たじり整骨院についてはこちら

3月3日 朝の手のこわばり 葛飾区青戸 たじり整骨院
 

朝起きて直ぐにグーパーをした時、スムーズに動かない、何となく力が入らない、ということはありませんか?

これは、手首、肘、前腕、上腕などに負担がかかっているサインです。
大抵の場合時間が過ぎ動いているうちち気にならなくなってきます。

首や肩、背中、腰などからくることもあります。

*進行すれば、朝起きた時だけではなく、一日中こわばった感じになることもあります。

しかし、ほっておくと手首に痛みが出たり他にも様々な症状(腱鞘炎など)が出てくるかも知れません。

⇒腱鞘炎とは

一時的にパソコンや料理を作るなどで負担かかかって疲労しているのであれば、腕や手首などを良く動かしたり、風呂などで温めマッサージをすることで改善するかもしれません。

しかし、他からの影響で結果的に腕などに負担がかかっている場合は一時的に改善してもまた戻ってしまいます。

当院ではそれらの場合原因を見つけ出しオステオパシーや整体などの施術で根本的に改善させる事で悪くなる前に未然に防ぐようにします。

しかし、関節リウマチや更年期障害などからくることもあり、そのような場合は専門の所で一度診てもらう必要もあります。

⇒たじり整骨院についてはこちら

2月8日 身体の歪み気になる? 葛飾区青戸 たじり整骨院

外を歩いていると色々な人が目につきます。

前を歩いている人を後ろから見ていると足の運び、手の振り方、重心の傾き、など普通に歩けていない人が目につきます。

ああこの人は膝が悪いんだろうなとか腰が悪そうだなとか左右の手の振れ方が違うとか身体が左右に揺れているとかで重心がずれているなどで、肩こりがあるだろうとかいろいろ考えてしまいます。

時にはこの方は大分辛いんだろうなどこかで治療しているのかなあ我慢しているのかなあと思っても、いきなりあなた腰が悪いでしょうとか声をかけることはできないですよね。(余計なお世話と思われてしまうかもしれませんよね笑い)

当院に来られてる患者さんの中にも、腰痛とかで長い間辛い思いをした方などは特に全身を良く調べ腰痛の原因が腰にあるのか、歪んでいるために腰に負担がかっているのか見つけていきます。

歪みはあるか、歩いた時の足の運びはどうか、手の振り方はどうか、全身の動きや左右の違いがあれば本人に気づいてまらいます。

例えば、左右の腕が同じ位上に上がるか、左右同じ位捻れるかなどです。

また、その時に張りや痛みがあるかなどを見ます。

⇒施術の流れについてはこちら

そして、オステオパシーや整体などの施術でバランスが良くなれば痛みや身体の動きが今までより楽になっていることに気が付くはずです。

自分の身体が歪んでいてそれが原因で痛みやコリが出でいることに気付いていない方もいます。
バランスが整う事で楽になりそれが原因であったと気づいてもらい、なぜ歪んでしまったのか、日常生活の悪い習慣や姿勢であれば、それを改善してまらうように心がけてもらいます。

自分の辛さが良くなれば、周りの人、家族や友達、職場に動きが変だったり、辛そうに見えればこの人は歪んでいるんじゃないか?とかどこか辛いんじゃないか?

何処かで治療しているのかな、我慢しているのかなあなどと思い声をかけて頂き、紹介で来る方もいます。

しかし、中にはマッサージに通っているとか、病院で薬を貰っているとか言われることもありますが、それでも何か月過ぎても良くなっているようには見えず声をかけるが耳をかそうとしない人もいます。

そういう人からみれば余計なお世話なのかもしれません。

1月18日 この時期の体調不良 
葛飾区青戸 たじり整骨院

最近めっきり寒くなってきましたね。

長引くコロナの影響、非常事態宣言での自粛などで、精神的にストレスも溜まっているのではないですか。

家に居る時間が増え運動不足になり、体力も低下しているかもしれません。

食べたり飲んだろすることも増え体重も増えている人もいると思います。

体力も落ちストレスなどから睡眠障害、肩こり、腰痛、頭痛、身体が重い、怠いなどの症状が出ているのではないですか?

寒さと運動不足で身体は固くなり血流が悪くなることで、関節や筋肉などに痛みなどの症状がでているのではないですか?

体力が低下していることで、回復力が落ちているかもしれません。

ゲームやテレビを見る時間が増えてませんか?

生活のリズムが以前と変わってきていませんか?

まずは出来ることから始めましょう!

●生活のリズムを戻す

●ゲームの時間を減らす

●風呂にゆっり浸かって身体を温める

●家で出来る簡単な運動を(ラジオ体操など)を毎日行う

●楽しいことを見つけて笑う、笑顔になることは良いことです。

*運動不足で筋力が衰えゲームなどで悪い姿勢を続けると身体の歪みの原因にもなります。

当院でオステオパシーや整体などの施術で身体のバランスを整え血流やリンパ液の循環を良くする事で早い改善が見込めます。

⇒たじり整骨院についてはこちら

12月11日 年末年始のお知らせ 
 葛飾区青戸 たじり整骨院


いよいよ今年もあと僅かですね。

今年はコロナに振り回された1年になってしまいました。
来年は良い方向に向かうことを願っています。

年末年始の予定になります。

12月31日(木)~1月4日(月)まで休みのになります。

宜しくお願い致します。

たじり整骨院  院長

12月7日 呼吸が浅い(マスクの)
影響? 葛飾区青戸 たじり整骨院

 

今呼吸の浅い人が増えてきているように思います。

コロナの影響?
●マスクをしていること

●家に居る時間が増え運動不足

●コロナに対する不安やストレス
 (自律神経のバランスの崩れ)⇒免疫力の低下なども

などがあります。

マスクを長いことしていると呼吸量がしてない時よりは減り口や耳周りの筋肉にも負担がかかってきます。

呼吸量が減ると
●疲れやすくなる

●集中力が無くなったり

●慢性的な疲労感

●体が重くなる

●肩がこる

●頭痛

●目がかすむ

●朝起きるのがつらい

などの原因になります。

*小さな負担でも長く続くと知らぬうちに多くの症状に繋がってきます。

吸気,呼気の量が慢性的にへると胸の周りの筋肉、筋膜、肋骨、横隔膜などの動きが悪くなります。

呼気の量が減ると肺の中の空気が残り(残気)更に呼吸が浅くなるという循環になっていきます。

当院では、それらの動きが悪くなった胸の周りの筋肉、筋膜、肋骨、横隔膜の動き正常にもどし呼吸が楽にできるようにオステオパシーや整体、ワールドセラピーシステム(WTS)などの改善させます。

また、
日常生活やセルフケアの指導も行っています。

⇒たじり整骨院についてはこちら

11月10日 筋肉の痛み 葛飾区青戸 
たじり整骨院

主な原因
●運動の後の筋肉痛

●長時間同じ姿勢による筋肉疲労

●打撲

●肉離れ

●捻挫等で痛みを庇って負担がかかる

●体が歪んでいる為に負担がかかる

●風邪などウイルスによるもの

●熱中症

●内臓疾患によるもの

●ストレス

病気

●筋ジストロフィー、筋委縮性側索硬化症、リュウマチ性多発筋痛症など様々です。

病気の場合は専門家にお願いする必要がありますが、一時的に痛みを和らげることは可能です。

慢性的な肩こりでも凝りすぎて痛む方もいます。

⇒肩こり

大抵の筋肉の痛みは負担がかかり筋肉か疲労し可動域が狭まることで起こっているので、筋肉を和らげ可動域が広がれば痛みは出なくなります。

ストレッチや筋肉をつけたり、良く睡眠をとり、姿勢を良くし気分転換するなどで改善します。

しかし、慢性的なものや、身体が歪んでいる場合はなかなか改善しないこともあります。
当院では慢性的な筋肉の痛みの原因にオステオパシー、整体、ワールドセラピーシステム(WTS)などの施術で改善します。

慢性的な筋肉の痛みでお悩みで整体をお探しならこちらまで

⇒たじり整骨院

10月26日 テニス肘 葛飾区青戸 
たじり整骨院

正式には、上腕骨外側上顆炎といいます。

テニス肘と言っても
テニスに限らずゴルフ、バトミントン、卓球などのスポーツでも同じ動作を繰り返し肘の外側に痛みを発生させるもをいいます。

実際には仕事や日常生活の動作が原因でなることもあります。

症状としては
動かさなければ痛みは無く、手首を反らせたり、手首や腕を内側に捻ったり、指を伸ばす動作、握る動作、捻る動作、肘の曲げ伸ばし等で肘の外側に痛みが出ます。

ケア
軽いうちは負担のかかる動作は避け、熱を持っている時は冷やし、ストレッチを繰り返す事で改善します。

なかには思い当たる原因が無くても痛みが出てなかなか改善が見られない場合もあります。
その場合は身体の歪みが考えられます。

何気ない普段の動作でも肘の外側に負担がかかっていて痛みが出るようになり慢性的に何か月も改善しない場合があります。

当院では
オステオパシーや整体などの施術で全身のバランスを整え肘に負担がかからない状態にすることで肘の痛みを改善させます。

慢性的な肘の痛みでお悩みで整体を探されている方はこちらも見てください。

⇒たじり整骨院についてはこちら

10月6日 首が左に向けない原因は右手にあった。 葛飾区青戸 たじり整骨院

まずは、今回のテーマとは違うのですが流れを説明します。

今回この患者さん(60代女性)が来たきっかけはぎっくり腰です。
今まで何回かぎっくり腰になり癖になっているようです。

今回は特に酷く2つ日間動けなかったそうです。
少し動けるようになり、初日はご主人の車で送り迎えでした。

まだ立ち上がる時や寝返りで痛みが出ます。
オステオパシー、整体の施術でかなり動けるようになりました。

3日後2回目の来院の時まだ少し痛みがありました。
一週間後3回目の来院日常生活では痛みは出なくなりました。

⇒腰痛対策はこちら

これからが今回のテーマになります。

以前から首が右を向けるが、左を向けないのが気になっているそうです。

調べてみると頸(頸椎)には問題ありません。
他動的に首を左に回してみると確かに首が右肩から背中に緊張があり回りません。

更に調べてみると、右手に異常がありました。
以前酷い腱鞘炎になり整形外科に通ったが痛みが無くなったのでやめてしまった事があるそうです。

今は動かしても痛みはでないようです。
細かく調べていくと、親指に異常があり他動的に最大屈曲(曲がるところまで曲げる)と痛みが出ます。

恐らくこれが原因で右の肩から背中にかけて緊張を作り左を向く時の制限を作っていたようです。
施術で右親指の状態を改善すると肩から背中の緊張がなくなり左を楽に向けるようになりました。

⇒腱鞘炎についてはこちら

⇒たじり整骨院についてはこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3838-5679

営業時間:9:00〜13:00/13:00~20:00
土曜日:9:00~12:00/13:00~18:00
休業日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

電話でのお問合せ・ご予約

03-3838-5679

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

院長プロフィール

田尻 武
資格
  • 柔道整復師

受付時間

受付日
 
午前 ×
午後 ×
受付時間

午前:9:00~12:00
午後:13:00~20:00
土曜日
午前:9:00~12:00
午後:13:00~18:00

定休日

日曜・祝日