03-3838-5679

予約優先|9時~12時/13時~20時(日曜・祝日除く)
土曜日:9:00~12:00/13:00~18:00

*お忙しいお客様へ
下記お問合せフォームまで
ご連絡下さい

院長の最新ブログ日記

new10月6日 首が左に向けない原因は右手にあった。 葛飾区青戸 たじり整骨院

まずは、今回のテーマとは違うのですが流れを説明します。

今回この患者さん(60代女性)が来たきっかけはぎっくり腰です。
今まで何回かぎっくり腰になり癖になっているようです。

今回は特に酷く2つ日間動けなかったそうです。
少し動けるようになり、初日はご主人の車で送り迎えでした。

まだ立ち上がる時や寝返りで痛みが出ます。
オステオパシー、整体の施術でかなり動けるようになりました。

3日後2回目の来院の時まだ少し痛みがありました。
一週間後3回目の来院日常生活では痛みは出なくなりました。

⇒腰痛対策はこちら

これからが今回のテーマになります。

以前から首が右を向けるが、左を向けないのが気になっているそうです。

調べてみると頸(頸椎)には問題ありません。
他動的に首を左に回してみると確かに首が右肩から背中に緊張があり回りません。

更に調べてみると、右手に異常がありました。
以前酷い腱鞘炎になり整形外科に通ったが痛みが無くなったのでやめてしまった事があるそうです。

今は動かしても痛みはでないようです。
細かく調べていくと、親指に異常があり他動的に最大屈曲(曲がるところまで曲げる)と痛みが出ます。

恐らくこれが原因で右の肩から背中にかけて緊張を作り左を向く時の制限を作っていたようです。
施術で右親指の状態を改善すると肩から背中の緊張がなくなり左を楽に向けるようになりました。

⇒腱鞘炎についてはこちら

⇒たじり整骨院についてはこちら

new9月10日 この時期の肩こり、腰痛 
葛飾区青戸 たじり整骨院

今コロナ禍の影響を受けている方は大勢いると思います。今までの生活パターンが一変していまいました。

ヨガやトレーニングジムジョギング等も今までのようには出来ません。リモートで自宅での作業も増えていると思います。

仕事で今までスーツに着替え出勤することで、仕事モードに切り替えていたのが、家ではスーツに着替える必要もなく気持ちを切り替えるのが大変だという声を患者さん聞きます。

マスクの影響
長時間マスクをするのは辛いですね、呼吸もしずらく、耳の辺りが痛くなります。
真夏にマスクをして外に出るも辛いですね。

買い物にちょっと出かけるにもマスクや消毒は欠かせません。
肉体的にも精神的にもストレスになります。

中にはマスクをする事で、化粧も簡単すませたり、ファッションの一部にして楽しんでいる人もいるようです。
聞いた話だとマスク専門店もあるそうです。(笑い)

仕事部屋がある人は良いですがなかなかそうもいかない人もいます。

まして小さなお子さんがいる方も大変みたいです。

家に居る時間が増え運動不足になり、間食が増え太ったり、一時は家族が一日中家に居ることでストレスになり、些細な事で強く当たってしまう事もあったみたいです。

結果、肩こりや腰痛に繋がることになります。
元々肩こりや腰痛がある人は尚更です。

今は徐々にトレーニングジム等も行けるようになってきているようです。

家でラジオ体操するだけでも全身を動かすので良いと思います。
少し外を歩くのも気分転換になります。

当院ではオステオパシーや整体などの施術で全身のバランスを整え血流を良くすることで、腰痛や肩こり疲労等を改善させます。

⇒肩こり

⇒腰痛対策

また、セルフケアや日常生活の指導も行います。

⇒たじり整骨院についてはこちら

 8月3日new お知らせ 東京都葛飾区青戸 たじり整骨院
 

8月17日(月)~19日(水)まで夏休みになります。

尚20日(木)より通常通りになります。

宜しくお願い致します。

たじり整骨院

new7月22日 水不足の影響 葛飾区青戸 
たじり整骨院

 

今年も暑い季節が来ました。

今年は特に湿度が特に高く感じます。

コロナの影響でマスクをしていると喉が渇きずらくなるので、意識して水分の補給をすることをお勧めします。

水分が不足すると身体は固くなり正しく情報が伝わらなくなります。

その為に施術の反応も悪くなるので、当院ではまずワールドセラピーシステム(WTS)のNMRTという検査法で調べ水不足があると分かればその場で当院に置いてあるミネラルウォータを飲んで頂きます。

その他に塩不足もあるか調べます。

必要であれば当院に置いてあるヒマラヤのクリスタル岩塩をその場で適量なめて頂きます。

再び検査をして反応が出なければオーケーです。

それだけで身体が柔らかくなり前屈や回旋の動きが良くなります。

その結果前屈などでの腰痛がその場で改善することはよくあることです。

その後、更に可動域などでの異常があれば、オステオパシーや整体の施術を行い改善させますが、すぐに施術をするより、水不足、塩不足の改善をしてからの方が施術の反応が良いと思います。

⇒たじり整骨院についてはこちら

6月19日 身体の動きは共同作業 葛飾区青戸 たじり整骨院 


身体は関節、靭帯、関節包、神経、筋肉、筋膜、血管(血流)などの起用同作業により動いています。

それの1つでも正常に機能しなくなれば一連の動きに支障をきたします。

複数ならば尚更です。
1つでも機能しなくなれば、他への負担がかかりやがて様々な症状が出てきます。

支障が起こる主な原因

●外傷

●歪み

●偏った負担(悪い姿勢など)

●同じ動作の繰り返し

●筋肉の衰え

●重い物を繰り返し持つ

●精神的ストレス

●他にも毒素、化学物質、電磁波等もあり得ます

例えば、膝痛があり、いつまでも良くならなず原因も分からない場合
先ほど挙げた幾つかの原因があり特に何らかの原因で身体が歪んでいる場合などは、膝自体に原因が無いことが多く膝だけを見ていたのでは改善できません。

当院では、
それらの原因を見つけ、オステオパシー、整体、ワールドセラピーシステム(WTS)等の施術で根本的に改善させることを目指しているので、どこが辛くても必ず全身をチェックします。


⇒ワールドセラピシステムとは
⇒整体とは
⇒オステオパシーとは
 

じり整骨院についてはこちら

new6月9日 手の症状 葛飾区青戸 たじり整骨院

手の痛みといっても症状や原因は様々です。

●手を付いて体重をかけると痛い

●タオルや雑巾を絞ると痛い

●動かすと痛い

●物を持ち上げると痛い

●朝起きた時手がはばったい

●力が入らない

●痺れる

●変形している

●手が浮腫む

などまだまだあります。

原因も様々です。

●使いすぎ

●痛めた

●歪みやズレ

●肘や肩、首などが悪い

●リュウマチなど

など他にもあります。

⇒腱鞘炎についてはこちら

当院ではそれらの症状の原因をみつけオステオパシー、整体、WTS(ワールドセラピーシステム)などの施術で改善させます。

またその人にあわせたセルフケアや日常生活の指導も行います。

手の症状でお困りでお探しの方ご連絡下さい。

⇒たじり整骨院についてはこちら

new5月8日 当院のコロナ対策 葛飾区青戸 たじり整骨院

消毒用エタノール

入口の取っ手ドア周りの除菌

ベッドの除菌

顔を当てる所は毎回交換

患者様にはまず手の除菌

施術者も毎回除菌

空気清浄器は常備可動

換気扇は常備可動

定期的に空気の入れ替え

トイレのノブドア周りの除菌

トイレのスイッチ毎回の除菌

当院のコロナ対策として患者さんにはまず手の除菌をして頂きます。

入口のドア周りの毎回の除菌

ベッドの毎回の除菌

施術の際のタオルは毎回交換使い捨て

施術者は毎回ての除菌、マスク着用

空気清浄器は常備可動

換気扇は常備可動

定期的に空気の入れ替え

トイレのドアノブドア周りスイッチは毎回除菌
等を行っています。

施術時間は40分位ですが、1時間枠をとり他の患者さんと接触いないようにしています。

またオステオパシー、整体、ワールドセラオイーシステム(WTS)等の施術で全身のバランスを整え循環を良くすることで、免疫力アップの繋げます。

精神的な不安やストレス等も免疫力を下げてしまうので、それらに対する対応も行っています。

先の見えない今の状況が続き肉体的にも精神的にも影響がでている人も増えてきていると思いますが、少しでもお役に立てれば幸いです。

一日でも早く元の生活に戻れることを願っています。

*当日微熱がある場合はお断りしてますので、ご了承ください。

4月25日 症状の回復時差 葛飾区青戸 たじり整骨院

施術後少したってからより症状が改善する事があります。

悪い所は大抵制限があります。

例えば、左右に身体を捻った時回しずらい方があるとか、首を左右に振り向いた時に向きずらい方があるとかです。

左右で違いがあるという事は、動きが悪い方に制限があるということになります。

長い間その状態が続いた場合その制限を作っている組織は慢性的になっています。

筋肉や靭帯、関節包などは身体を動かす度に伸びたり縮んだりする機能がありますが、それが上手く機能できなくなることで様々な障害を起こします。

オステオパシーや整体などの施術で制限を解放することで左右の動きが同じになる事で症状も改善しますが、慢性的な症状はその場ではまだ少し症状が残ることがあります。

それは、長い間縮んでいた組織がまだ正常に機能できていないからです。

しかし、可動域が改善することで動きは楽になっているので、ある程度動いているうちに縮んだ組織は伸び縮みすることで刺激され血流が良くなり、更に残って症状も時間と共に改善していきます。

4月1日 臨床例(足首の痛み) 葛飾区青戸 たじり整骨院

左の足首が痛いという50代、女性の患者さんです。


話を聞くと3ヶ月くらい前から痛みが出て、特に原因は無く、徐々に悪くなり今ではびっこ引くほど辛い時もあり、朝起きた時痛くて直ぐに動けない時もあるようです。


足首を動かしてもらうと、回しても反っても伸ばしてもどの動きでも同じくらい痛みが出ます。

つま先立ちをしても痛みが出ます。
痛みも足首全体に出るようです。

左右の足を比べてみると、左足の方が少し腫れています。

足首を直接調べてみた時、これが原因だというほど悪い所は見当たりません。

右足と比べると多少動きの悪い所はあります。
 

当院では何処が悪くても一通り全身をみるようにしています。
首、肩、肘、手首、背骨、骨盤、股関節、膝、内臓、全体のバランスなど調べますが、数分で出来ます。

怪しい所があれば、更に細かく調べます。
今回個々の関節に目立った悪さは特に見当たりませんでした。


更に調べてみると、左足の内転筋(腿の内側の筋肉)が異常に緊張し硬くなっていました。
少し押しただけで、かなり痛いようです。


ここである仮説をたてられます。

筋肉が硬いという事は縮んで伸びなくなっているということなので、そこから足首に負担が長い事かかり悪化したのかもしれません。


オステオパシー、整体、WTSなどの施術で内転筋を緩めると変化が起きました。
先ほどどの動きでも痛かったのが、弱くなり全体的に出ていた痛みも部分的なものに変わりました。

 

触診で少し動きが悪くなっていた場所改善させると、その場でつま先で立っても、足首を動かしてもほぼ症状は出なくなりました。


あとは、時間が経っていたのでまだ機能が直ぐに改善出来ない場合があるので、少し時間が経てば更に改善すると思います。

*施術効果には個人差があります

⇒たじり整骨院についてはこちら

3月27日 体が重い 葛飾区青戸 たじり整骨院

身体が重くなる原因は幾つかあります。

●寝不足

●栄養の問題

●内臓の問題

●精神的な問題

●自律神経の問題

●運動不足で体力がおちている

●風邪等の体調不良(熱がある)

●血流が悪くなっている

など様々ですが、当院ではそれらに対してオステオパシー、整体、ワールドセラピーシステム(WTS)の施術で対応します。

今回は一般的に多い血流の問題についてのお話になります。

身体が重いと言っても全身が重い場合や部分的に重いという事があります。

●頭が重い

●腕が重い(片腕又は両腕)

●足が重い(片足又は両足)

例えば片方の膝の関節の動きが悪くなると周りの組織に負担がかかり疲労が溜り血流が悪くなります。

大抵の場合その膝の関節の動きを正常に戻し少し動かしてもらうと、重さは無くなり軽くなります。

肩が凝り肩周りが重く感じたことがある人もいると思います。

当院では問診色々お話を聞いた後何処が悪くても基本的に全身をチェックします。

患者さんが症状を訴えている所に原因が無ければ何処が原因になっているか見つけることは非常に重要だからです。

例えば患者さんが訴えている所を直接改善すれば、その場では楽になり身体が軽くなるかも知れません。

頭が重い原因が足にある事もあります。
その場合足の状態をみてその足が悪くなった原因が更に他にあれば、そこを改善させる必要があります。

大元の原因を改善することで、その影響うを受けている状態が改善され結果的に血液の循環が良くなり頭は全く触らなくても頭の重さが軽くなるという事はよくあります。

大事なことは、
全ての症状(痛み、重さ、肩さ、怠さ等)は何処かが正常に機能していないという身体からのメッセージです。

マッサージでそこを直接ほぐし楽になっても時間が経ち戻ってしまうことはよくあると思いますが、原因から改善させれば直ぐに戻ってしまうことはなくなります。

⇒たじり整骨院についてはこちら

3月16日背中の症状 葛飾区青戸 たじり整骨院

背中が辛い人

背中が痛い、重い、凝っている、苦しという人がいます。

大抵の人は背中が丸まって猫背や巻き肩になっています。

一番多い原因は姿勢です。
スマホやpcなどを使う事が使う事が多いと下を向いている時間が多くなり、頭を支える為に背中に負担がかかり疲労が溜り、背中が辛くなってきます。

背中が丸くなり首もストレートネックになり、慢性的な肩こり首の疲労、頭痛の原因にもなってきます。

また、背中が丸くなると呼吸が浅くなり疲れ安くもなります。

⇒肩こり

普段から姿勢を気を付け長時間スマホやpcを使わないように気を付け、背中を伸ばす運動に心がけましょう。

仰向けに寝て両手両足を伸ばし手のひらを床に向け、左右の足の親指つけるようにして、全身の力を抜いて5分キープしてみて下さい。

毎日続けてもらえば、身体が伸び背中の症状も楽になると思います。

なかなか症状が改善しなければ、かなり慢性的になっているかも知れません。

そのような方は当整骨院でのオステオパシー、WTS(ワールドセラピーシステム)、整体の施術で改善できます。

 

⇒たじり整骨院についてはこちら

2月25日 肩こりからくる頭痛 葛飾区青戸 たじり整骨院

当院来られる患者さんの8割が肩こりからくる頭痛の方です。

肩がこり過ぎて頭痛が出る人は多いと思います。
または、頭痛がする時肩がこっているという人もいます。

一見同じ事なのですが、本人の感じ方の違いで、普段から肩こりがあり、酷くなると頭痛が出ると感じる人と、普段あまり肩こりは感じないが、頭痛が出た時肩こりを感じるという人がいるということです。

肩を揉みほぐしてもらい一時的の楽になってもまたすぐに肩が凝り頭痛が出るという繰り返しをしている方も多いと思います。

慢性的な肩こりで強く揉んでもらう事を繰り返していると筋肉の繊維を痛め更に慢性化してしまいます。

大抵の場合、肩が凝るのは結果であって原因は他にあります。

結果である肩こり直接改善させても肩がこる原因を見つけて改善させなければ、一時的なものになってしまいます。

因みに当院ではマッサージは行いません。
必要がないからです。

原因が改善されれば、結果である肩こりは出なくなるので、それに伴う頭痛も出なくなります。

肩がこる原因は様々です。

●冷え

●悪い姿勢

●身体の歪み

●ストレス

●目の問題

●顎の問題

●内臓の問題などまだまだあります。

⇒肩こりについて詳しくはこちら

マッサージを否定しているわけではありません。

一時的な疲れ長時間の車の運転、根を詰めて事務仕事をして一時的に肩がこる事があります。
その様な時は軽いマッサージや運動をすることも有効です。

当整骨院では、原因を見つけ出しオステオパシー、整体、ワールドセラピーシステム(WTS)などの施術で原因を改善し肩こりの出ない状態にすることで、頭痛の起きない身体にするように心がけています。

また、その人に合ったセルフケアや日常生活の指導も行います。

⇒たじり整骨院についてはこちら

2月19日 WTSの研修会に行きました。 葛飾区青戸 たじり整骨院

今回のWTS研修会では観察、しゃべり方、表の症状(自覚症状)裏の症状(自覚のない症状)

最新の精神治療

バランステスト

○○の調整による脳のバランス調整法

脳の統合トレーニングなどについて学びました。

一言で言うと凄すぎるという感想です。
何が凄すぎるかというと、治療の効果とその発想です。

大変刺激になりました。

少人数でしたが、相変わらず密度が濃く午前中は座学が主でしたがほとんど休憩もありませんでした。

いつもなら途中で何回か休憩を入れて整理する時間があるのですが、今回は後で整理するのが大変そうです。(笑い)

その場で如何に観察し分析できるかで結果に大きな差がでるか再認識させられました。
午後は手技が中心でした。

最新の精神治療が学べて良かったです。

以前の精神治療は複雑で時間もかかり大変でしたが最新のやり方は簡潔で時間も大分短くなりました。

しかし、重傷な場合はそれなりに時間もかかり、より複雑になってくる場合もありこれは経験を積まなければなかなか難しいと思います。


私も治療して頂き自分でも気がついていない部分に触れ結果的に身体と気持ちが軽くなるのを実感できました。

これは受けてみないと分からない感覚です。

○○の調整による脳のバランス調整法や脳の統合トレーニングは受けさせて頂きました。

その時あった自覚症状はほぼその場で無くなりました。

1月30日 寝起きで腰や背中が痛い 葛飾区青戸 たじり整骨院

休みの日に普段より長く寝て朝起きて腰や背中が痛いという経験はありませんか?

私はあります。(笑い)

本来睡眠中は体がリラックスして疲れを回復させています。

身体にかかる重力の負担が減り、脳も休まっています。
しかし、寝かたによっては身体に負担がかかり緊張した状態になります。

負担のかかっている所は血流が悪くなり、疲労物質などの痛みの原因が溜まってきます。

その結果起きた時に痛みが出てしまいます。
当然、その状態で長く寝ていれば痛みもより出やすくなります。

寝返りを何回かしている人は同じ負担のかかる時間が少ないので、痛みは出ずらくなります。

マットや枕が自分に合っていなければ、身体が緊張したり寝返りをしずらくなるので、疲れは取れにくくなります。

その他
●歯ぎしりをしている
 朝起きた時、顎や首や肩に疲れをかんじる。

●寝ている間に身体が冷えている

●ストレスで熟睡できない

●低反発のマットレスや枕は身体が沈んでしまうぶん寝返りがしずらくなります。

ある程度自分に合った高反発の物を使うのが良いが、長く使っていればへたってきていつの間にか自分に合わなくなってきます。

*身体が歪んでいたり、腰痛などがある人は寝ている間も負担がかかったり、リラックス出来ない事もあります。

当院では
それらの原因をチェックしてその人に寝具などの指導を行っています。

また、歪みや痛みのチェックをしオステオパシー、整体、ワールドセラピーシステム(WTS)の施術で改善し少しでも快適な生活を送れることを目指しています。

⇒施術の流れについてはこちら

12月25日 この時期は関節痛を悪化する 葛飾区青戸 たじり整骨院

今年もあと僅かですね、もう大掃除は終わりましたか?
これからという人も多いと思います。

頑張り過ぎて正月寝込まないようにして下さい。
私は過去に疲れが出て正月二日間寝込んだことがあります。(笑い)

今年の冬は比較的暖かいようですが、それでも寒いです。

寒さの厳しい日は手足たお腹が冷える人も多くいると思います。
末端冷え性でお悩みの方は特に辛い時期ですね。

身体が冷えると脳からの指示で血管を収縮させ熱が出るのを防ぎます。

すると、血液の巡りが悪くなるので関節軟骨などに栄養や酸素が行きわたらない状態になります。

筋肉も硬くなり関節の動きも悪くなります。
血液の循環が悪くなると老廃物などが溜り痛みが出ます。

 

対処法

●適度な運動、ストレッチなど

●お風呂に浸かり温める

●カイロを使う

●手袋、マフラーなどを付ける

●食べ物や飲み物で中から温める

玉ねぎ、ニラ、ネギ、サバ、イワシ、リンゴ、プルーン、ニンニク、ショウガ、赤身部分の肉、大根、山芋、ジャガイモ、唐辛子などの更新料を摂るといいです。

身体を温めたり運動することで血流が良くなれば痛みは出ずらくなります。

腰や膝などが悪く痛みのある人は大抵悪い所は硬くなっているので、曲げたり伸ばしたりすると痛みが出やすくなります。

更に寒さで身体が硬くなれば痛みも出やすくなります。

痛い所があればそこを庇う為、庇っている所も疲労が溜り硬くなってきます。
このようにして身体は歪んできます。

当院ではオステオパシーや整体の施術で身体の歪みを整えて負担をなくす事で血流か良くなれば痛も軽くなります。
患者さんには、特にこの時期は患部は特に冷やさないように伝えています。

⇒たじり整骨院についてはこちら

12月11日 年末年始のお知らせ 
  葛飾区青戸 たじり整骨院

今年もあと僅かですね。

ぼちぼち掃除をはじめている方もいますね。
私は今年は早めにすこしずつ始めたのでもう大体終わっています。笑い

今年はインフルエンザが既に去年の6倍だそうです。
皆様もまだまだこれから忙しいと思いますがお体に気をつけて下さい。

当院今年は12月30日が最後になります。
12月31日~3日までお休みになります。

*1月4日は午前中8時~12時までになります。

1月6日より通常通りになります。

宜しくお願いいたします。

たじり整骨院  院長

12月3日 冷えの影響⇒体調不良 
葛飾区青戸 たじり整骨院

主な体調不良

●胃腸の不調

●怠さ

●不眠

●肩こり

●頭痛

●関節痛

●浮腫み

●生活習慣病、癌

●便秘、下痢

●肌のトラブル

●生理不順

改善

正しい姿勢

姿勢が悪いと負担がかかる場所の組織が緊張し疲労が溜り血流が悪くなるので冷えに繋がります。

入浴

37、8度位のお湯に20分位浸かる。
半身浴も効果的です。

適度な運動

適度な運動やストレッチを毎日行う。
特に女性は男性より筋肉量が少ない為、熱を作るの配るのも苦手です。

また、ファッションを重視で薄着や締め付けるが多ければ影響が出ます。

解決

●普段から正しい姿勢を意識する。

●入浴
37、8度位のお湯に20分程度浸かる。
半身浴を効果的です。

●適度な運動とストレッチ

●地の野菜(ゴボウ)などを摂る。

●温野菜を中心に飲み物はなる別常温異常冷たいものは避ける事。

●部屋の中と外の温度差がある時はまめに脱ぎ着する事。

体が歪んでいると

●ホルモンのバランスが悪くなる

●自律神経のバランスが悪くなる

●内臓の機能が落ちる

●血流が悪くなる

等の原因から冷え性にも繋がります。

たじり整骨院では

その様な方に対しオステオパシーや整体の施術で全身のバランスを整え血流を良くしていきます。
また、その人に合ったセルフケアと日常生活の指導も行っています。

⇒たじり整骨院についてはこちら

11月18日 体の負担⇒歪み⇒慢性疾患 葛飾区青戸 たじり整骨院

体の負担の主な原因

複数の負担がかかっていますね

●悪い姿勢(良い姿勢でも長時間の同じ姿勢)

●合わない靴

●動きずらい服装

●妊娠、出産、子育て

●外傷(骨折などの怪我)

●目の使いすぎ

●長時間荷物を持つ

●重い物を持つ

●激しい運動

●ストレス

●毒素(農薬、化学物質など)

●電磁波

●手術

●事故にあった

●大掃除

●視力に合わないメガネ、コンタクトを使っている

など様々です。

複数の原因がある場合もあります。

それがやがて体調不良や歪みにつながります。

一時的な負担であれば、休んだり運動をすることで防ぐことができます。

しかしそれらを繰り返すことで自己回復力が出来なくなってしまう事があります。


悪いと思っていても、症状(痛みなど)が出てこなければ、さほど気にしない人は多くいます。


例えば、腰に負担がかかり疲労が溜まると腰が張って気になりだします。

大事なことはその時の身体からのメッセージに耳を傾けることです。
軽いうちなら自分で気を付ければ慢性になり悪化するのを防ぐことができます。

それを無視していると更に身体からのメッセージが強くなります。
辛い所を庇うため更に他にも影響が出てきます。

 

今度は、庇っている所に疲労が溜り更に他へと繋がり、そのまま時間が過ぎるほど負のスパイラルに繋がって、しまいには辛い所の原因が何処だか分からなくなってきます。

当院に来られる患者さんも辛い所から離れた所をオステオパシーや整体の施術で改善することで、辛い所には全く触らずに楽になるので不思議そうな顔をします。

「なんで?」と思うわけですね。


それは、痛みの原因が他にありそこを庇っていたために悪くなっているので原因が無くなれば、痛みが出なくなるわけです。

⇒施術の流れはこちら

肩の痛みの原因が足にあり足を施術して改善させると肩の痛みが無くなることがあります。
「それは、足を庇っていた負担が肩にきていた。」という説明をします。


実際に足に原因があり首、肩、腰等が辛くなる人も多くいます。
足に痛みが出ていなくても関節の状態が悪くなっていることはよくあります。


時間が経ち慢性になっている場合は一回で改善させるのは難しいと思います。
原因が複数あれば尚更です。

肩の痛みが単体で悪く時間が経っていなければ、大抵1、2回で改善します。

症状の出方は人それぞれで、直ぐに辛くなる人とそうでない人がいます。

私はよくバケツの容量で例えてお話しします。

バケツが空の状態なら大変良い状態です。

バケツの水が半分では大きく動かさなければ水はこぼれないので症状はあまり出ません。


バケツに8割、9割水が溜まると動かさなければ水はこぼれないが、少し揺らせばこぼれてしまいます。こぼれた状態が症状です。


バケツに水が溜まって溢れ出した状態が症状が常に出る状態です。
バケツ大きさは人によって違います。


施術でバケツの水を減らす事で症状がでなくなってきます。


バケツの水が7割位になり楽になっても負担がかかれば直ぐに溜まってあふれてきてしまいます。
つまり、バケツが小さい人の方が早く症状が出てくることになります。


状態が悪く常に水があふれた状態の場合は、少し続けてきてもらい、水の量が減るにしたがい施術の間をあけるようにしていくのが理想的です。

調子が良くなっても月に一度メンテナンスすれば、水が溜りあふれる前に汲み出せるので辛くならないで済むことになります。

⇒たじり整骨院についてはこちら

10月31日 背中の痛み、張り 葛飾区青戸 たじり整骨院

当院に今通われている患者さんで、最初は20年くらい前に重い物を持ち上げぎっくり腰になって以来、今まで特に原因が分からず5回辛い腰痛で悩まされ、今も慢性の腰痛、首の痛み、肋骨の違和感、足首の痛み、歩いていると股関節に違和感を感じるそうです。

初回の時の検査では、首、肩、背中、股関節が硬くなっていました。

特に私が一番気になったのが、胸椎の8番~12番位が異常に硬く背中から押すとごつごつして棒の様に硬くなっていいました。

本来正常な背骨なら、立位や座位で背骨を押すと弾力性がありしなる様な感じになるのですが、背骨が詰まっていたり、ズレていたりと何らかの異常があれば、そのしなりが感じられなくなります。

それを患者さんに説明した時、他の自覚症状が強く出ているためかあまりピンとこないようでした。

当院では症状の原因を調べる為全身を見る事があります。

患者さんの症状(痛い所)に原因があるとは限らないからです。
寧ろ慢性的な場合は悪い所を庇いながらきているので、大抵原因は他にあります。

全身見るのに時間はそれほどかかりません、10分もかからないと思います。

バランスがとれているか見ることも大事なことです。

 

バランスを見る簡単な方法で立位や座位で左右から押して踏ん張れるか見ます。

バランスが悪いと、左右又はどちらか押した時に驚くほど踏ん張れない事があります。

今回の患者さんは、どちらから押しても踏ん張る事ができませんでした。

 

更に細かく見る場合は、筋力テストや目の動き、噛み合わせ等も見る事があります。

オステオパシー、整体の施術で5回通って頂いたところ、ほぼ全ての症状は改善されました。

⇒施術の流れはこちら

 

今回それから一ヶ月位空いて暫くぶりに来院されました。

症状は、背中が張ってきて後ろに反らすのがきつくなってきたということで、以前の様に「腰や首は気にならない」と言っていました。

調べてみると、前回私が一番気になった胸椎の8~12番あたりが硬く背骨を押すとごつごつとした感じでしなりません。

前回途中で間を開けてしまったので、今回はきちんと改善しなければ、また戻ってしまうと説明しました。
猫背で前傾姿勢になると、常に背中に負担がかかった状態になります。

それを庇っていた結果肩、腰、股関節、足首の症状に繋がっていました。

実際症状が無くなったところで通うのをやめてしまう患者さんも結構います。
残念なことです。

前回腰痛、股関節や足首の痛み、首の痛みなどの原因は猫背で方が前に巻き込んでいるので、そこをしっかり改善する必要があると説明しました。

以前来た時は、自覚症状(痛みなど)が気になり説明したことがあまり理解していなかったようです。

今回オステオパシーや整体の施術で首、肩の緊張を緩め全身のバランスをとることで、胸椎も緩み反らせた時の背中の痛みや張りは改善されました。

あなたの背中は大丈夫ですか?

⇒たじり整骨院についてはこちら

10月24日 足からくる体の不調 葛飾区青戸 たじり整骨院

足の状態が悪いと

●疲れやすい

●膝の痛み

●股関節の痛み

●足の浮腫み、怠さ

●歩くと足の裏が痛くなる(足底筋膜炎)

●腰痛

●肩こり

などの原因にもなります。

チェック

●足の形の問題
外反母趾、内反小指、偏平足、足首が内反、外反している、巻き爪

●靴の裏の減り方が左右違う

●片足立ちで10秒も立っていられない

●魚の目、タコが常にある

●楽にしゃがめない

●つま先立ちが出来ない

●足首を動かした時に左右硬さなどが違う

●足のグー、チョキ、パーが上手く出来ない

立てのアーチ、横のアーチ

足は体を支える土台です。

足が安定してなければバランスがとりずらくなり、骨盤や背骨が歪み身体全体に影響を与える事になります。

当院では、腰痛、肩こり、寝違えなどの症状の方でも基本的に全身をチェック検査します。

特に足は重要なポイントです。

オステオパシーや整体で骨盤のバランスを整えても足が安定していなければ、帰り道歩いている間にまたバランスが悪くなって戻ってしまいますからね。

最近偏平足が増えているようです。
偏平足とは

足の裏の土踏まずが平らになっていると足を着いた時の衝撃が足首、膝、股関節、腰などに影響を与える事にもなります。

偏平足の矯正をするサポーターも効果がありますが、サイズが合わないとかえって負担になることがあります。

家ではなるべく裸足で歩くようにしましょう。

足のグー、チョキ、パーの運動も効果てきです。

一般的に症状がなければ気にしなくても良いと言っていますが、私は症状がなくても出来ればアーチがあったほうが良いと思います。

足底筋膜炎に成り易いそうです。

⇒たじり整骨院についてはこちら

10月9日 産後子育て腰痛 葛飾区青戸 たじり整骨院

産後起こる腰痛主な原因

女性は出産の時ホルモンの働きで出産しやすいように骨盤が開きやすくなります。

出産後約6か月位で徐々に元の状態に戻っていきます。

しかし、育児や家事で無理な姿勢をかけていると、筋肉や関節に負担がかかり、正しく元の状態に戻れず歪んだ状態になってしまう事があります。

骨盤が歪んでしまうと、バランスが悪くなるので身体余計な負担がかかり痛みの原因になります。

よくある原因

●もともと腰痛があり悪化した

●腰を支える筋肉か緩んでいる

●授乳の姿勢

●抱っこの姿勢

●おむつ替えの姿勢

●お風呂で洗う姿勢

●添い寝(添い寝をすると母親は寝返りがしずらく身体が緊張するなどゆっくり休めないで疲労が溜まる)

●夜泣きが多いとちょくちょく抱っこしたり睡眠不足になる(ストレス)も溜まる
子供の体調が悪ければ尚更ですね

⇒腰痛対策はこちら

予防改善

●周りの人に協力してもらう(親、兄弟、ご主人)

●全身運動(ラジオ体操)など
*別メニューで腹筋と背筋を鍛える

●腰やお腹を冷やさないようにする

●サポーターをする

当院ではオステオパシーや非常にソフトな整体、ワールドセラピーシステムなどの施術で骨盤の矯正も行っています。また、その人にあったセルフケア、日常生活の指導も行います。

⇒たじり整骨院についてはこちら

10月4日 WTS研修会に行きました。葛飾区青戸 たじり整骨院

左右の肩の高さを確認

今回のテーマの一つに枕と寝ている時の姿勢で身体を悪くしている人に対しての対処法をやりました。

多くは横向きで寝る人で、問題のある人は首にあるサインが出ます。

又、ストレスを抱えている人は、寝る時横向きで膝を曲げるような形で寝る姿勢(胎児の姿勢)寝る人が多いそうです。

この姿勢を取る事で安心感がでるそうです。

私も以前そのような話を聞いた事があるので、夜なかなか眠れない時は胎児の姿勢でゆっくり呼吸をする事を勧めていたので、「やはりそうなのか」と思いました。

話は戻ると、寝る時の姿勢枕の影響で身体を悪くしている人の対処法をやりますた。

お互いに組んだ先生を調べます。

今回組んだ先生も私も調べてみると影響がある事が分かりました。
首にサインが出てるという事です。

どのような影響がでているか身体の検査をします。

背骨の歪みかた、可動域左右同じ様に動くか、痛みはでるかなどです。

私は背骨と骨盤が少し歪んでいるようで、横を向いた時に首に痛みがあり、腕の上がり特に左が上がりずらく、反った時に腰に痛みがありました。

施術を受けた後、想像以上に身体が楽になったので、驚きました!

施術時間は2分かからない位です。

オステオパシーや整体、カオロプラクティックの様に身体に直接施術はしません。

そして、大事な事は、ワールドセラピーシステム(WTS)の検査で何が原因でどうすれば良いかを調べられるので、患者さんにそれを教え変えてもらう事ができます。

それが出来なければ、どんなに良い施術をしてもまた戻ってしまうからです。
今回他にも、セットアップや認識について新たなやり方も教わりました。

また、掘り下げてみていくやり方も細かく教えて頂きました。
私は、掘り下げていくやり方が、少し苦手などで、大変勉強になりました。

身体の検査はオステオパシー、カイロプラクティック、整体などの検査法でほとんど調べます。

正確な検査で正しく出来ないと結果に違いが出てしまいます。

私はなるべく2種類の検査で同じ結果がでるか確認するようにしてます。
同じ結果が出ない時は更に違う検査を行いより正確にみるように心がけています。

⇒ワールドセラピーシステムとは

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3838-5679

営業時間:9:00〜13:00/13:00~20:00
土曜日:9:00~12:00/13:00~18:00
休業日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

電話でのお問合せ・ご予約

03-3838-5679

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

院長プロフィール

田尻 武
資格
  • 柔道整復師

受付時間

受付日
 
午前 ×
午後 ×
受付時間

午前:9:00~12:00
午後:13:00~20:00
土曜日
午前:9:00~12:00
午後:13:00~18:00

定休日

日曜・祝日